「ハローワーク」というのは、ハローワークは厚生労働省所管の行政機関です。都道府県の労働局長によって管理・運営している「公共職業安定所」のことです。
働く場所を探している人に仕事をあっせんしたり仲介したりするところで、事業者側にとっては労働者へ求人を公告することができる公的な機関となっています。
公共職業安定所が「ハローワーク」と呼ばれるようになったのは1990年からで、一般公募によって採用された呼び名なのです。
公共職業安定所を略して「職安」と呼ぶ場合も多いです。

ハローワークが行っている主な役割は「求職手続き」、「雇用保険手続き」、「資格や職業訓練の情報提供」などです。
求職手続きに関しては、先ほども申し上げた通り、職業相談や職業紹介を行うものです。
雇用保険手続きは、会社を辞めたときにもらえる失業保険の給付や教育訓練給付などを行うものです。
国の助成金や補助金などの申請窓口も行っています。
雇用保険を受給するためには、会社を退職したときにもらう「離職票」が必要になります。
高齢者雇用継続に関して、育児休業、介護休業などに関しての各種手続きも行っています。
情報提供に関しては、資格取得コースや職業訓練コースなど求職者向けのサービスに関して情報提供を行っています。
そして事業者側へは、求人募集に応募した人を紹介したり、雇用保険の資格喪失手続きや資格取得手続きを行ったり、助成金や給付金を支給したり、雇用管理サービスをしたりしています。
雇用管理とは募集や採用などに関して相談を受けたり援助したりするもの、高齢者や障害者の雇用を管理するため援助するものです。