転職サイトと転職エージェントの違いについて解説したいと思います。
転職サイトには、大きくわけて、2種類あります。
転職サイトを通じて求職者が企業に直接応募できる「直接応募型」で、もう一つは、人材紹介会社に登録(面談)してから、応募という形の「転職エージェント型」になります。
転職サイトによっては、これらの区別が見分けにくいものもあるので、予め、このサイトは、「直接応募型」なのか、「転職エージェント型」なのかを知っていた方がよいと思います。

■直接応募型
直接応募型」転職サイトとは、企業が、それぞれの転職サイト運営会社と契約を結び、求人情報を掲載しているもので、転職希望者は、転職サイト上で求人情報を見ることができるというものです。
さらに、転職希望者が求人に応募したい場合は、サイトに登録後、履歴書及び職務経歴書を記載し、希望の求人に直接応募する事ができるしくみになっています。
応募後、企業側が面接を希望する場合は、直接、サイトのメール機能を使って、応募者と連絡を取り合い日程の調整します。
転職希望者←→求人企業
転職サイトによっては、スカウト機能というものがあり、名前や会社名を隠すかたちで、匿名履歴書を契約企業のみに公開しスカウトを受けるという機能もあります。

一方、「転職エージェント型」の転職サイトは、転職希望者がまず、人材紹介会社に登録(面談)をして、エージェント側が企業から収集した求人情報とマッチングしてもらうサービスとなります。一般的には、非公開求人情報を多く扱っています。
転職エージェントを利用するメリットを幾つかあげると…
  • 転職エージェントが、企業側の要望や転職者側の要望を聞いた上でのマッチングとなるので、スムーズに転職活動ができる。
  • エージェントによっては、職務経歴書の書き方や面接の仕方など転職成功に向けてのアドバイスをもらう事ができる。
  • 応募企業が複数ある場合は、それぞれの企業に合ったかたちで、職務経歴書をアレンジしてくれる。
などがあげられます。
転職希望者←→転職エージェント←→求人企業
給与面での交渉を代理で行ってくれるため、エージェントを通じて転職した場合、給与が1.5倍になったという方や2倍になったなんて例も多くあります。

直接応募型も転職エージェント型のサイトも、無料で利用できるサービスなのですが、マッチング方法や求人の質や異なるため、転職活動の際は、うまく使い分ける事が大事だと思います。